お金がいる状況ってどんなとき?

お金がいる状況とはどういうときでしょうか。性別や年齢、家族構成や家族計画によって様々と言われていますが、一般的にお金がいる状況は緊急性、恒常性、長期性の3つの状況に分けることができます。
まず緊急性ですが、これはどなたにでも起こりうることで例えば急な冠婚葬祭が続いた、自動車や家電製品など生活に欠かせないものに修理が必要になったときなどがあげられます。貯金で対応できる金額であれば良いのですが、貯金を崩したくない方やそもそも貯蓄がないという方はこの場合お金がいる状況になります。対応としては、周囲にお金を借りる、即日申し込み可能なカードローンやキャッシングの利用をする、代金がクレジットカードで払えるものであればいったんカード払いにしておいて支払いを繰り延べるといった方法が考えられます。
続いて恒常性のある出費ですが、こちらは給料日前などの食費などが例としてあげられます。毎月必要とわかっているが収入が追いつかない場合もこれに当たります。緊急性のある出費と同様に借り入れをしてしのぐ方法も考えられますが、ボーナスなどの臨時収入を少しずつ貯めておき、こういった恒常性のある出費が出たときに少しずつ使うという乗り切り方も考えられます。
最後に長期的な出費ですが、これは住宅ローンや教育ローンや、おまとめローン 比較といった長期的に必要なお金が必要な状況を言います。この場合の対応作として貯蓄性のある保険をかけておく、金融機関からローンを借りるなどがあげられます。お金がいる状況というのはこのように様々です。普段からいざというときに備えておくと良いでしょう。